SDGs Initiatives

全ては「もったいない」の精神から

革にキズやムラはつきものです。どんな高級皮革でもこれを避ける事ができません。多くの皮革製品取扱い業者はキズのある部分は破棄しています。WMY (ダブリュエムワイ)では少しでも多くの部位が利用できるように、「千鳥縫い」と呼ばれる技法で革と革を繋ぎあわせることで、美しい市松模様に仕上げております。

大きな手間と高い技術が必要になる製法ですが、職人とデザイナーの「もったいない」から端を発した環境への取り組みの一部です。

 

 

いのちをいただく、ということ

WMY(ダブリュエムワイ)で使用している 牛革、豚革、鹿革等は食肉加工過程の副産物です。寿命等で亡くなってしまった動物も利用されますが、革を採るためだけに屠殺する事はありません。

生き物のいのちをいただいて、それに対して感謝をささげるという「食」の副産物。いただいた命を余すことなく使うという美しい文化はサステナブルと考えております。

BlueSeaでは売上金の一部を環境保全に取り組む国内の公益財団法人へ寄付しております。